『駿河芸妓まつり』・・・たくさんのご来場ありがとうございました!

8月29日に行われた『駿河芸妓祭り』。

静岡の誇る「しみず芸者」を筆頭に、京都祇園・金沢主計町(かずえまち)より

芸子さんをお招きして行われました。

まずは、庭園能ステージにて芸子さんから振舞われる呈茶席。

 

その後は会場に移り・・・

舞妓さんの「だらりの帯」の後ろ姿も可愛らしい

京都祇園の舞。

 

金沢主計町は、「影笛」を披露。

静岡では耳なじみのない影笛とは、

暗闇で笛の音を楽しむ金沢ならではのお座敷芸。

 

ラストを飾ったのは、しみず芸妓の迫力ある唄と三味線。

その後はお座敷に移動して、浮月楼の懐石料理をお楽しみ頂きました!

 

 

さて、2018年浮月楼秋の芸能三部作。

ラストを飾るのは、

9/25(火)『ルー・タバキン 徳川慶喜家追善公演』

 

現在、好評受付中!!

詳しくは、浮月楼ホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です