月別アーカイブ: 2018年9月

『ルー・タバキン 徳川慶喜家追善公演』レポート

2018年9月25日

徳川慶喜公の子孫である、第四代徳川慶喜家当主、徳川慶朝(よしとも)氏が

ご逝去されて丸一年目となるこの日、

『ルー・タバキン 徳川慶喜家追善公演』が行われました。

 

朝から雨が降り続いた満月の夜―――

 

浮月楼 「高砂の間」にて、ニューヨーク在住のジャズフルート・テナーサックス奏者であるルー・タバキン氏と、舞踏家であり歌舞伎や能楽師に師事した経験をもつ濱田としのり氏の コラボレーションステージ。

明るさを制限された会場で、満月のように輝く灯り。

オープニングは、ルー・タバキントリオの演奏からスタート。

尺八にも似たルー氏のフルートの音色が響く中、濱田としのり氏がステージに。

芸術と芸術のエネルギーのぶつかりあいを感じるステージは、

見ているこちらも真剣勝負。

息をする事を忘れそうになるほどに見入り、

身体の内側から熱いエネルギーが溢れだす―――

そんな不思議な体験をさせていただきました。

 

浮月楼芸能三部作は、こちらのステージがラスト。

3作品を通してたくさんのお客様に足をお運び頂きました。

ご参加いただきました皆様に、心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

これからも、静岡に根ずく料亭として、

皆様に支えられながら成長していきたいと思っております。

 

今後とも、末永いお付き合いを頂けます様

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

2018年9月28日

浮月楼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『浮月シャクジ能』レポート

9月2日に行われた「浮月シャクジ能」

※主催 / 浮月楼 ・ ダンスウエスト

 

 

こけら落としから3年目を迎える今年

人間国宝でいらっしゃる能楽師 『梅若実玄祥』

をお迎えいたしました。

 

 

華道家・辻雄貴の作る世界を池の舞台とし、

同氏による「献花差立」から始まりました。

 

 

能ステージでは、迫力ある梅若実玄祥氏の舞に、日本庭園に響き渡るお囃子(はやし)。

暗闇に灯るかがり火は、より幻想的な空間を作り出し、瞬時に異空間へと導かれるよう。

短い夏を締めくくる、素晴らしい一夜となりました。

 

 

さて、浮月楼芸能三部作。

ラストを飾る

9/25(火)『ルー・タバキン 徳川慶喜家追善公演』

 

 

こちらも好評受付中です!

 

 

 

 

 

「浮月楼お食事婚活」

 

ここ数日、秋を思わせる過ごしやすい気候が続いていますね。

紅葉が美しい秋に、クリスマスでにぎわう冬。

2018年も後半になりましたが、まだまだ楽しい事がありそうな予感・・・

東海の名園「浮月楼」で、懐石料理を楽しみながらの出会いの場。

 

『浮月楼 お食事婚活』 ジュノール主催

日 時 /  2018年9月30日(日)

受 付 / 16:45

お食事  / 17:00~20:00

会費:10,000円(男性女性ともに)※1ドリンク付き

 

≪対象 年齢≫

① 28歳 ~ 39歳

② 40歳 ~ 55歳

 

≪募集 お人数≫

①②ともに男女10名ずつ

 

≪ドレスコード≫

男性:ジャケット着用

女性:男性に見合う格好

 

詳しくは、

しずおか出会いサポートセンター『ジュノール』

https://www.junoall.jp/

電話:054-205-4122

まで。