ご法事

ご法事のしきたり

ご法事のしきたり

お法事のしきたりは地方、家風によってさまざまです。
浮月楼ではスタッフが皆様のご希望に添ってお席をしつらえます。
ご希望をどうぞお申し付けください。

仏教の法要

日本の仏教の教えでは、人間は次に生まれ変わるまでの期間が四十九日あるとされます。
この間は七日ごとに法要を営みますが、現在では葬儀当日に初七日を営み、次いで四十九日の法要を営むことが一般的となっています。
一周忌はちょうど一年後の祥月命日(同じ月の同じ日)に行いますが、都合によってやや早めに法要を営む方が多くなっています。
そして亡くなった年を一年目と数えて三年目を迎える年に三回忌を行います。
従って一周忌の翌年に三回忌となります。その後は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌となりますが、通常、三十三回忌以降は先祖代々供養となります。
なお、法要は寺院で行われる儀式、法事は会食を主体としたものを指すのが普通です。

神道の法要

神道では百日祭までを霊前祭、その後の一年祭からの祭儀を式年祭といいます。近年は葬儀当日に帰家祭と合わせて十日祭を営み、その後五十日祭、一年祭を営まれる例が多いようです。

キリスト教の追悼式

カトリックでは教会や自宅に集まってミサを行う命日祭があります。営む日に取り決めはなく、その土地の習慣やご遺族のご都合に合わせて三日、七日、四十九日や一年目、三年目などに行います。
プロテスタントでは一週間、一ヶ月、五十日目に当たる時期などを選んで記念会を行う例が多くなっています。これは故人のためというより遺族を励まし、神の恵みに感謝するものです。

ご法事の進行次第

ご法事の式次第にはこれという決まりはありません。
例を挙げますと
一、献花
一、着席
一、開会の辞
一、施主挨拶
一、来賓挨拶
一、献杯
一、会食
一、親族代表挨拶
一、閉会の辞
※その他、導師(ご住職)の法話などを行う例もあります。

しつらい

中央上座に壇を設け、故人のご位牌とお写真を飾る例が多くなっています。故人も共に在るとお考えになって、一人前のお料理や陰膳を壇に供える方もいらっしゃいます。お席はお座敷を選ばれる方と、ご年配のご列席者のために椅子・テーブルを希望される方、どちらのご要望にもお応えいたします。

ご案内

ご案内状、お礼状をはじめ、筆耕、献花、祭壇装花、遺影の飾り花、お引物、着付け、写真、ビデオ撮影、送迎など、どのようなご要望にもお応えいたします。 遠慮なく担当にお申し付けください。