思い出の中にこそ人の命が心があります。徳川慶喜が愛した庭は、歳月を経てなお緑をえ、故人を偲ぶ心を穏やかに包みます。季節の中に一期一会大切なひとときお過ごしください。