長い間水引教室をご愛顧いただきまして 誠にありがとうございました。

8月31日をもちまして、4年間にわたって開催してまいりました水引教室を終了させて頂く運びとなりました。ほとんどの回が満席となる程に、たくさんの皆様にご参加いただきました。

 

日本の文化である水引を皆様と一緒に楽しめる場を作れたことは、浮月楼としてもとても大切な時間となりました。

これからも学んで頂いた水引をプライベートでもお楽しみいただけますと幸いでございます。

 

≪ 真野和子先生から皆様へのメッセージ ≫

 

長い間、たくさんの方に水引教室にご参加いただきまして、心より御礼申し上げます。
楽しくお話をしながらも一生懸命に作品に取り組んで頂き、そして完成して喜び合って、
それはもう夢のような楽しい時間でした。
お正月のお飾り、初春の梅、春は桜、夏には七夕・・
お家でも飾って頂き、教室の事を思い出してくれたら幸いです。
四年間、ありがとうございました。

 

≪ 担当:杉山昌宏より皆様への感謝の言葉 ≫

 

正直、こんなにも長い間水引教室を続けられるとは思わず、気付けば4年間が経っていました。
先生を始め、たくさんの方々に出会い、一緒になって作品を作る喜びを味わいました。
思い起こせば、「水引」の意味も解らず、初心者の気持ちで参加していました。その内、気付けば水引の魅力にはまり、1本の紐が作品として生まれ変わる過程が不思議で楽しくて・・
皆様のお陰でここまで出来た事は、感謝でしかありません。

水引の基礎に「あわじ結び」というおめでたい結び方があります。
結び切の一種で、両端を引っ張るとさらに固く結ばれるのが特徴です。
この形から「末永く付き合う」という意味を持ち、結婚祝いなどおめでたい際に使われます。
私は皆様との出会いが「あわじ結び」だと思っています。
長い間本当にありがとうございました。 

記事投稿日時: 2021. 08. 31.

Menu