浮月楼について

- History of Fugetsuro -

浮月楼の歴史と変遷
これまでを振り返ります

徳川慶喜(衣冠)

静岡・浮月楼と
最後の将軍・徳川慶喜公

前将軍・徳川慶喜公は大政奉還後の明治二年、元の代官屋敷に手を入れて現在の浮月楼の庭をお作りになり、二十年にわたってお住まいになりました。政治は一切遠ざけて趣味に没頭し、静岡の市民たちから「慶喜様」(けいきさま)と親しまれました。幕末の激動期はありましたが、私どもは日本の近代に道を開いた英明で素晴らしい君主だったと感じております。静岡の街にも浮月楼にも、人間としての温かみを感じさせる、歴史書には載らないエピソードが残されています。 ※出典写真
徳川慶喜(衣冠) 茨城県立歴史館蔵

徳川慶喜公の静岡時代

徳川慶喜肖像

自適の日々

浮月楼に住まわれていた当時の慶喜公の狩猟姿です。公は趣味の中でもとりわけ狩猟を好まれ、鷹を使った狩鉄砲を使った狩猟に夢中になりました。
静岡市内の川や沼で鴨を追い、猪の姿を求めて近郊から遠くは伊豆の天城山にまで足を伸ばしたそうです。
※出典写真
徳川慶喜肖像 松戸市戸定歴史館蔵

安倍川鉄橋上リ列車進行中之図

文化人としての一面

慶喜公は、油絵や写真といった文化的な趣味にも没頭していました。当時の写真撮影の師でもあった徳田孝吉の指導の元、構図を考えた上で撮影を行っており、当時の静岡の様子を慶喜公の目を通してうかがうことができます。 ※出典写真 
安倍川鉄橋上リ列車進行中之図
徳川慶喜撮影 茨城県立歴史館蔵

徳川慶喜公静岡時代年表へ

庭園と建築への影響
現・浮月楼の礎

小川治兵衛小川治兵衛

作庭師 小川治兵衛

慶喜公は、江戸時代中期から続く日本の名作庭師、小川治兵衛を呼び寄せ、当時の庭園を築き上げたとのことです。慶喜公時代の浮月楼の敷地は現在の二二〇〇坪に比べ、倍近くの約四五〇〇坪以上あったようで、敷地の半分以上が庭であり、大きな池と小さな池があったようです。小川治兵衛は、現在の池泉回遊式庭園である浮月楼庭園の礎を築きあげました。 ※出典写真 古写真 紺屋町邸 徳田孝吉撮影 茨城県立歴史館蔵

安倍川鉄橋上リ列車進行中之図

建築家 吉田五十八

日本の近代数寄屋建築を代表する名建築家・吉田五十八(いそや)。(建築作品例:岸信介邸、在米日本国大使邸等)外国建築の模倣が盛んな時代に、日本の伝統的な建築の素晴らしさを改めて世に知らせ、「吉田五十八賞」にその名を残しているこの名建築家も浮月楼にて昭和時代に建築に携わっています。過去に二度、建築に携わっていただきましたが、残念ながら静岡大火、及び戦災で焼失し、現在の明輝館はその設計方針を生かして戦後間もなく建て直したものです。 ※出典写真 
吉田五十八 肖像 東京芸術大学美術館蔵

浮月楼のうつろい

浮月楼 徳川慶喜時代浮月楼 徳川慶喜時代

明治初期 徳川慶喜公屋敷時代

※出典写真
古写真 紺屋町邸
徳田孝吉撮影 茨城県立歴史館蔵

明治時代から大正時代にかけて明治時代から大正時代にかけて

明治時代 - 大正時代にかけて

昭和時代初期と後期昭和時代初期と後期

昭和時代 初期 - 後期

Menu